『テレビで中国語』を語ろう!!

NHKの語学番組をひたすら話題にするブログ。 中国語の勉強になるかも??

もう3回目の放送ですね。


第1回、第2回と違って、出演者さんの
衣装が変わっていました。

2回撮りなんですね。

個人的には段さんの衣装は先週の方が
良かったです。。


「きょうのこれがいいたい」のコーナーでは

谢谢(Xièxiè) がテーマでした。

三宅先生も指摘していましたが、
日本人では「シェイシェイ」と間違って発音する人が
多いですよね。

これって、手品師の「ゼンジー北京」の影響が
大きいんじゃないかと思います。

ゼンジー北京って誰?って若い人は思いますよね。

爆笑マジック集 [DVD]
マギー司郎
日本コロムビア
2003-08-20


アラフォーの僕なんか、結構子どもの頃に
テレビで見てました。

ゼンジー北京のおかげで、中国が身近になった一方、
いい加減な発音が蔓延してしまったような
気がします。


では、今回のダジャレのコーナーです。

-----------------------------------

◆王陽さん

「王陽と応用しましょう!」

◆海荷ちゃん

「王陽さんと応用しましたので」

-----------------------------------

このダジャレはいつまで続くんでしょうか


ところで、、
第3回の放送で、早速、海荷ちゃんの発音が
良くなってました。

番組冒頭の自己紹介ですが、

海荷(haihe) の荷(he)の発音が
良くなってました。

前回の放送では、(フー)という音に
近かったんですが、勉強されたんですね。

次回も楽しみです

第2回の放送がありました。

今回のフレーズは、、

我叫○○ という自己紹介でしたね。

例として、中国の方に自己紹介をしていただいていますが、
なんか、みなさん「不機嫌」そうなんですよね。。

あんまり愛想振りまいてもらうのも不自然ですが、
もう少し、なんとかならないでしょうか


それにしても

2016年は三宅先生の人柄なのか、
全体的に和やかな雰囲気が流れていますね。

特にダジャレの多さ

今後は、番組内のダジャレをまとめていくことにしてみます。
(誰も期待していないかもしれませんが。。)


-----------------------------------

◆王陽さん

「王陽と応用しましょう!」

◆三宅先生

動詞が無限にある、、「どうしよう・・」

-----------------------------------

ちなみに川島海荷ちゃんは、パンよりご飯の方が
好きなんですね。

あと、三宅先生は広島風 お好み焼き派 とのこと。
(プロフィールを拝見すると広島出身でした!)




ついでに、、

出演者さんの衣装は第1回と第2回は同じでしたね。

2回のまとめ撮りなんでしょうか?
来週もちょっと注目してみます。

4月5日に2016年の放送がいよいよ始まりましたね。

念のため、放送時間を確認!

  • 放送  :火曜日 午後11:25~11:50
  • 再放送:木曜日 午前6:00~6:25

    夜遅く、朝早いので、録画することをお薦めします。

  • 今年度の講師役は、昨年度から引き続き、三宅先生。

    そのためか、番組の全体の構成、テイストが昨年と
    あんまり変わっていません。

    個人的には落ち着いて見られるので好きですね。



    今週のキーフレーズは、、

    我 是 日本人
    (wo shi ribenren)

    川島海荷ちゃんも挑戦!

    気になる発音は??


    さすがに中国語の経験が少しあるので、
    まずまず。


    しかし!

    やはり、
    反り舌音である、「是(shi)」、「日(ri)」、「人(ren)」 が
    できていませんでしたね。

    この発音って、初心者には難しいんですよね。。


    それに、「川島海荷(chuan dao hai he)」の名前の
    発音についても、「he」の発音が特にできていませんでした。

    海荷ちゃん、がんばれ


    初回としては、優等生な印象でした。
    これから一年、応援します。

    それにしても、、
    初回だからなのか、三宅先生のお得意?のダジャレが
    異常に多いですね。

    ダジャレのクオリティーについても、
    要チェックです

    三宅登之
    朝日出版社
    2015-01-15

    このページのトップヘ